トップページ → 何科に行けばよいのかということについて

何科に行けばよいのかということについて

扁桃腺にもし異常が起きてしまったときには何科のある病院へ行けばいいのでしょうか。風邪の症状には扁桃腺の腫れや痛みといったこともありますので、内科での診察を受けることが多いですよね。

 

内科とは、総合的に病気を診察して治療してくれる科となっています。どんな病気にかかっているか自分では判断できないというときにはとりあえず内科を受診してみるといいでしょう。さらにその症状によってはそれぞれ対応する科で診てもらうようにと指示してくれると思います。

 

扁桃腺で起きている症状がはっきりしているといった時には耳鼻咽喉科を訪ねるといいでしょう。耳鼻咽喉科というのは、耳や鼻の病気だけではなく、口腔内のトラブルにも対処できるような診察を行っている科です。扁桃腺の病気に関する専門的な知識を持った医師も豊富なので、的確な処置がうけられるでしょう。

 

内科での診察でもきちんとした治療はもちろん行われています。が、扁桃腺の症状には判断の難しい症状も多くありますので、できれば経験豊富な医師に診断してもらうといいでしょう。また、膿栓を治療するといったときには吸引器などの治療器具も必要になってきます。ですが、内科ではそこまでの設備はまずありません。

 

治療が必要になったときに速やかに処置することができるので専門家ならではの利点だといえるでしょう。ですので、扁桃腺に何らかの異常があるのであれば耳鼻咽喉科で診察をうけたほうが安心だとも言えます。

 

また、乳幼児の場合には小児科へ行くといいでしょう。扁桃腺炎や扁桃腺肥大などは免疫力が十分に育っていない乳幼児にはよく見られる症状です。ですので、そうした処置にはなれているといってもいいでしょう。他にも乳幼児の場合は急激に症状が進行してしまう場合もあるので、信頼できる小児科医に診てもらうようにしましょう。

 

内科、耳鼻咽喉科、小児科のいずれの科を選択したとしても、自分の症状についてしっかりと応えることが重要です。また、わからない点などがあれば質問するなどをして治療をすすめていきましょう。そうすることで扁桃腺の病気になったとしても安心して治療をうけられるでしょう。

 

基本的には、喉に違和感があるのなら症状が悪化する前に医療機関にかかるようにしてくださいね。放置しておくと、症状はどんどん進行していきますので、治療にも多くの時間がかかることになってしまいます。