トップページ → 赤ちゃんにおすすめの水

赤ちゃんにおすすめの水

東日本大震災に続く原発事故。次世代を担う子どもたちへの健康被害が心配です。特に水は人間にとってはなくてはならないもの。そして、影響が出やすいのも小さな子ども達です。

 

とくに、赤ちゃんはその栄養分をミルクに頼るしかありません。そのミルクの大部分が「水」なのですから安全面でも、衛生面で細心の注意を払いたいものです。

 

赤ちゃんにおすすめの水は「軟水」といわれています。硬水はミネラル成分、特にマグネシウムが入っているので、消化機能が未発達の赤ちゃんが摂取すると下痢を起こしてしまいます。それだけでなく、ミネラルが多く含まれると粉ミルクが溶けにくくなってしまうのです。

 

また、外国産のミネラルウォーターには注意が必要です。国内産のミネラルウォーターと違って、外国産のミネラルウォーターの多くは除菌されていないため、微量の細菌が含まれてしまうこともあるので、必ず煮沸することをおすすめします。

 

国内の水の宅配で扱われているミネラルウォーターは、天然水とRO水に大きく分けられます。

 

RO水とは、逆浸透膜という超微細孔フィルターを通して、不純物、細菌、バクテリアを始め、環境ホルモン、O-157など完全に除去するものです。99%以上の純水です。ただ、水の美味しさを左右するミネラルまで取り除いてしまうため、人工的にミネラルを加えて美味しくしています。

 

こうしたことからも、妊娠中の女性や赤ちゃんにはRO水、しかも軟水のRO水が安全で安心といえます。赤ちゃんが生まれた時だけでなく、妊娠中、授乳中のお母さんの体にも優しいので、ぜひおすすめします。

>>プレママ・ベビーに最適なウォーターサーバーへ